カテゴリー別アーカイブ: ISO14001

環境マニュアルを購入された方からのメール

環境ISO更新審査(移行)のご報告について

To:有限会社都城情報ビジネス
松元 様

覚えておられるでしょうか。
To:有限会社都城情報ビジネス
松元 様

覚えておられるでしょうか。
         ㈱  工場です。

標記の件、4月16日~17日にかけ2日間、JACO主任審査員殿よりしっかりとした
審査がなされ、無事受査することができました。
審査報告書の結論は、『組織のマネジメントシステムは、規格要求事項に適合し有効に
実施されていると判断し、2015年版への移行及び認証の更新を推薦します。』との記述
を得ました。
改善の余地がある指摘事項が6件あるものの、是正要となる重大な指摘はなかったため、
5月以降も継続して新たな登録証を得られることとなりました。
先程の指摘事項については、次回のサーベイランスまでにクリアしておけば良いとのこと
なので、残作業はあるものの、一時的にホッと息が抜け、少しは肩の荷がおりた感じが
しています。

振り返ると、徒手空拳では2004年版から2015年版への改訂作業ができないため、御社の
資料をご頒布いただき、当工場の現状に即した形で手直し・修正して進めて来ました。
また昨年10月の段階的移行審査=事前予備審査では、(現在作成中であっても構わないので
と言われましたが)軽微・重大を含め9件の指摘があり、更に全体・個別そして箇条間の
つながりと見直し作業を行い、紆余曲折はあったものの前述の結論に至りました
ありがとうございました。

SWOT分析ではありませんが、中小企業の弱みがまとめ作業を進める上でネックと
なりました。
オーナー系の社長は、省庁のトップと同様に、他人の意見に耳を傾けることができません。
新版ではリーダーシップつまりトップの責任が重要です、その中身は…と説明しても、
(俺は一体何をすればよいのか)理解していただけないため、添付資料などを作成して啓蒙
した経緯もあります。
また、内部的には環境管理責任者や運用責任者を置いてはいますが、日々担当する現業作
業に追われ、パソコンを前にしてのじっくりとしたデスクワークに向ける時間がなかなか
取れません。

なお、過去4年間、環境ISOの審査を担当された   からは、帰り際『2日間ありが
とうございました。また色々とお世話になりました。 環責の方はお忙しいようなので、
  さん、これからも御社が更によくなるよう彼を援助して下さい。』と、ねぎらいの
言葉を頂戴しました。

最後になりましたが、以前にはご丁寧なメールや電話アドバイスをいただきお世話に
なりました。これからもお世話になる機会があるかも知れません。 その時には宜しく
お願いいたします。

以上 遅れて申し訳ありませんが 御礼とご報告を兼ねてTo:有限会社都城情報ビジネス
松元 様

移行期限が1年残り,役に立つ弊社の環境マニュアル,内部監査チェックリスト等

ISO9001,ISO14001の2015年版の移行期限が来年の平成18年9月14日です。

あと1年になってきました。移行審査の準備で環境マニュアル等を作成してきたが、なかなかうまくできない。

そう思っている環境管理責任者の方、どうぞ弊社の環境マニュアルや内部監査チェックリストをご参考にされませんか?

ISO9001とISO14001の統合の品質環境統合記録様式 2015年度版,品質・環境統合管理規定 2015年度版の購入 ありがとうございます

ISO9001とISO14001の統合の品質環境統合記録様式2015年度版、品質・環境統制規定

2015年度版の購入ありがとうございます。

この企業様は、以前の会社のISO記録様式を購入しましたが、

弊社にとっても、リピートのお客様には、感謝です。

新年度の始まりです マニュアルの購入ありがとうございます

4月になり平成29年度がスタートしました。弊社の環境マニュアル、品質マニュアル等の売れ行きも、先月中旬から

増えてきました、

そして新年度の4月に入り、毎日 品質マニュアル,環境マニュアル等の注文を頂いています。

まだISO9001,ISO14001の2015年度版への移行準備ができていない方は、ぜひ早く品質マニュアル、

環境マニュアル等を購入して頂き、完成させ、審査に向けての運用(記録とり)を開始してください。

内部監査チェックリストの活用法

2月が終わり3月に入りましたが、多くの環境マニュアル、品質環境(統合)マニュアルを最近,東京都、埼玉県、千葉県,広島県の企業様に購入して頂きありがとうございます。

購入して頂いた企業様の中には、海外にグロ-バル展開されている大企業の方々にも購入して頂いています。本当に購入して頂きありがとうございます。

今回、ご案内する内部監査チェックリストについても、多くの企業様に購入して頂いていますが、その内部監査チェックリストの活用法について書かせて頂きます。

本来、内部監査チェックリストは、規格の監査漏れを防ぐために、内部監査チェックリストを使うのですが、今回は、ISO9001、ISO14001の2015年版が発行されて、移行準備の中での内部監査チェックリストをどのように活用するかです。

品質マニュアル、環境マニュアル、品質管理規定、環境管理規定、品質記録様式、環境記録様式等を見直し作成されているなかで、今回の新しいISO9001,ISO14001には、規格を読んでいて分からない用語や文言が多数出てきます。ところがその出てきている難解な文言もただスルーしていて、特別にこだわらなく、その意味さえ確認されていない企業様も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

やはり、品質マニュアルや環境マニュアルを作成する中では、このような新しく出てきたキーワードは解決して、作成しなければなりません。このようなキーワードを抑えないと審査機関の移行審査においても、審査員から質問されても回答できません。

ここで今回の弊社の内部監査チェックリストで、ISO9001やISO14001の2015年度版の規格要求事項の新しい分かりにくいセンテンスを解決するのに活用して下さい という記事です。

この内部監査チェックリストは、ISO9001やISO14001の2015年度版に対応し、そして被監査者ごとに質問項目が作成されていますので、貴社の部署ごとに入れ代えて作成し直して頂ければ、すぐにたたき台の内部監査チエックリストが出来上がります。全ページ
30ページほどで作成されています。

この内部監査チェックリストは、ISO9001の2015年度版やISO14001の2015年度版の規格を理解するうえで、どんなことが重要なセンテンスでどんな質問項目を作ることが良いのかについて参考にされることに活用して下さい。

きっと今、品質マニュアルや環境マニュアルの作成に一生懸命で、内部監査チェックリストの作成には、目もむけられない余裕がないかもしれませんが、この内部監査チェックリストも品質マニュアルや環境マニュアル,品質記録様式や環境記録様式の作成に役立つこと間違いなしです

是非、購入され活用されることをご検討下さい。