ISO14001環境マニュアル 2015年版」(税込単価:\12,960円)を取り扱っていることをホームページで確認させて いただいております

(質問)茨城県の製造企業様

…なるべく環境マニュアルに記載していく方法、例えば、外部及び内部の課題、利害関係者の要求事項一覧表、

リスク及び機会取り組み計画、品質目標、著しい環境側面、緊急事態リスト、内部文書リスト、資格者リスト、

内部監査スケジュール。

この環境マニュアルが社員の教育、周知に役立つことと、審査機関の審査時にも環境マニュアルに質問される

ISO14001の適合性の質問項目についても網羅され、役に立ち、審査員にもほめられる環境マニュアルに

なるのでこのような特徴のある環境マニュアルを作成されたら…』とあります。

御社で、「ISO14001環境マニュアル 2015年版」(税込単価:\12,960円)を取り扱っていることをホームページ

で確認させていただいております。上記の点を踏まえて、作成されたものなのでしょうか。

経営トップからは、まだ外部からのマニュアル購入に対して「OK」指示は出されておりませんが、一担当者

としては、色々な情報を収集し精査の上でマニュアル購入をも考えなければなりません。

まさに藁にもすがる思いです。実情では、個人での購入も視野に入れております。

小生の拙い質問に回答いただければ、幸甚に存じます。

以上  不躾な質問をお許し願います。

──────────────────────────────────────────────────────────────────────────────

(回答)

社の販売している環境文書の体系について
(1)環境マニュアル、環境管理規定を一つの文書とした環境マニュアル文書に関するものは、あらかじめ
  環境マニュアル等に入れておく。
  価格; 環境マニュアル 39,880円
     環境記録様式  7,640円
(2)環境マニュアル、環境管理規定を別々の体系にする。
  文書に関するものは、あらかじめ環境マニュアル等に入れておく。
  価格; 環境マニュアル 18,280円
       環境管理規定  21,600円
     環境記録様式  7,640円
(3)環境マニュアル、環境管理規定を別々の体系にする。
  文書に関する様式は、環境マニュアルには、含めない。
  よって環境様式には、文書に関するものと、記録に関する様式ものがあり
  この(3)は、従来の企業さんが採用されている標準形になります。
  価格; 環境マニュアル 12,960円
     環境管理規定  21,600円
     環境記録様式  12,960円
の3つのパターンになります。
弊社の貴社に進める購入パターンは上記(2)になります。
(初めてISO14001を取得されたり、環境管理者の交代の場合には、(3)のパターンを
お勧めしますが)
今回のISO14001は2004年版よりの改正で、11年後の改正になりました。
今回の改正もまた次回の改正まで10年後になります。
審査機関の審査費用が、毎年発生するのと比較して、10年間に1回の環境文書に対する投資ですから、
安いのではないでしょうか?
是非、社長決済を頂けますように期待致します。
また余談ですが、昨日他の企業様が、内部監査チェックリストも追加で購入して頂きました。
この内部監査チェックリストは、全32ページからなっていますが、今回の改訂についての理解を
深めるためにもこの内部監査チェックリストで掲げています質問事項を参考にされ、回答を自社で
解決されていくことで、審査機関の審査準備ができます
内部監査チェックリスト ;価格 21,600円